FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期検査②


こんにちは、和(なごみ)コンタクトの石井です。

前回に引き続き、今回も定期検査の検査内容についてお話します。

今回は涙液検査です。

みなさんはドライアイってご存じですか?

ほとんどの方はご存じだと思いますが、目が乾きやすい、涙が少ない状態をドライアイといいます。
このドライアイは、コンタクトを使用している方には大敵な病気で、近年増加傾向にあります。





さてここで簡単なドライアイのチェックですが、

10秒間まばたきを我慢してみて下さい?

どうでしたか?

全然平気なら一安心ですが、

辛かった方は要注意?ですよ(眼科でしっかり検査してもらいましょう)




では、ドライアイってどうしてなるの?

原因は・・・

①単純に涙の量が少ない。(涙の産出が少ない)
まばたき毎に涙が涙腺から出てきますが、量が少ない方。

②涙の質の低下
涙は表面から脂質(油層)、涙液層、ムチンとなりますが、涙液ではなく脂質やムチンが少ない事でドライアイになるケースもあります。脂質は涙の蒸発を抑え、ムチンは涙の吸着を助けてくれる、涙にとって重要な成分です。

例えば、表面の脂質が少ない場合は、涙液層の蒸発が早くなり、涙液層が不安定になります。
ruieki1.jpg


では、ドライアイを調べる検査はこのような検査があります。

①シルマーテスト
ruieki2.jpg
まぶたと目の間に試験紙をはさんで涙の量を計測します。
綿糸法と言って糸で涙の量を計測することもあります。

②BUT検査
ruieki3.jpg
涙が何秒で蒸発するか計測する検査です。
検査方法を簡単に説明すると、涙の状態が分かるように涙に色を付けて、10秒間まばたきを我慢してもらい、涙の状態を観察します。

このような検査を行ったら、是非検査結果を聞いて、ご自身の涙の状態を把握してみてはいかがでしょうか。ドライアイの治療も涙の量が少ない方への治療方法と、脂質の量が少ない方の治療方法は異なります。自分がどのタイプのドライアイか診断してもらい改善を行うと治療も効果的になると思いますよ。

画像は公益財団法人日本眼科学会より引用


ワンデーのカラコン通販は安全なものがおすすめ 和コンタクト
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

安全なカラコン通販 和コンタクト

Author:安全なカラコン通販 和コンタクト
安全なカラコン通販サイトの和(なごみ)コンタクトです。
店長石井は、専門眼科隣接店で14年修行をしてきました。コンタクトの事なら何でもお任せください。心が疲れている方の味方になれるように、只今心理カウンセラーの勉強しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。